読書系フリーターのある日

どうでもいいことを吐き出してく雑記サブブログ。女性アイドルが好き。

雑記

若くない命は守らなくていいの?

若い命を守ろうー 子どもや若者が何か悲惨な事件に巻き込まれたり、非業の死を遂げたとき、非道な犯罪に巻き込まれたときなんかにしつこく繰り返されてきたフレーズだ。 私はこの言葉に、この考え方にずっと違和感を持っている。 大人はいいの?大人の方が圧…

「一緒にいて楽しい人が好みのタイプです」 がヤバすぎる

最近、彼氏をつくろうと出会いの母数を増やしにかかっているので、「どんな人と付き合いたいの?」という質問をする機会が畢竟増えた。 その質問に対する、特に男性に多い答えはこれである。 「一緒にいて楽しい人。」(女性は「優しい人」とかも多い) 楽し…

死の「誘惑」の解釈 について― ミュージカル「エリザベート」より

死にたい、死ななければならぬ、生きているのが罪の種なのだ 太宰のみならず、死への誘惑を感じたことのない人間はほとんどいないと思う。 思春期は特に、これに憑りつかれやすいようなことを言っていたのは北杜夫だったか。 ドイツ語のミュージカルにハマっ…

京都と私の大学時代の恋愛の話

京都が大好きだ。 大学4年間過ごした京都は東西南北四方に本当に思い出がいっぱい詰まっていて、就職も関西でしたのは、一つに京都にすぐ行ける距離にいたかったからだった。 結局のところ、微妙に遠いということもあって、数えるくらいしか行っていない。 …

人間の三大欲求の中で睡眠欲だけがビジネスとして成立してないけど、なんで?

具体的には、お外で欲求を満たすビジネスの話。 自分のところで供給不可能な場合、食欲を満たすなら飲食店に行く。性欲を満たすなら風俗店に行く。睡眠欲を満たすには・・・? と急に疑問に思った。 前の2つはかなり大規模な市場をもつ。 ホテルも一応寝る…

ブスは甘え論に対する違和感について

ブスは必ずしも甘えではない。 甘えてるからブスなわけではない。それなりの理由があってのブスだ。 キレイになるためのもろもろのコストは人によって大幅に異なる。 ダイエットひとつとってみても、痩せやすい体質の人は太りやすい体質の人に比べてはるかに…

女子のコミュニケーションがどうしても合わない

私は何かするときほぼほぼ一人行動である。 居酒屋でも旅行でも映画でも飲食店でもカフェでも水族館でも吉野家でも、要領がわからなかったり明らかに浮くの以外は何でも一人で行く。 仲の良い友達が3人くらいしかいないからである。みんな社会人なのでそう…

けやき坂の長濱ねるちゃんの虜になった話

欅坂46、すごいですね。もう驀進。注目度もすごいけれど、特筆すべきは女性アーティストのデビューシングル初週売上1位ではないでしょうか。 サイレントマジョリティーのインパクトはすごかった。 欅坂46「サイレントマジョリティー」 まあそんなわけで知…