読書系フリーターのある日

どうでもいいことを吐き出してく雑記サブブログ。女性アイドルが好き。

不倫が駄目なのはわかるけど、過剰反応する人はみんなが自分と同じ人間だと思ってるんじゃないかな

一盗二卑三妾四妓五妻という言葉があって、これは男性にとって魅力的に感じる女の順番を指す。

現代風にいうと、1位・人妻 2位・下女や女中*1 3位・愛人 4位・風俗嬢 5位・自分の妻 という話。

問題は、その男性にとって最も魅力的でない「妻」が、他の男から見ると最も魅力的だということだ。

本当かは知らないが、言葉として存在している以上一定層このような価値観の人間がいるのではないかと思われる。

www.in-activism.com

ずっと書きたかった話なのだが、内容が内容で書いていなかった。でもこのエントリを読んで勇気が出たのですぐさま書いた。

 

不倫がいけないのはもう我が国のルールとして決められているので、私もそこはもう批判する気はない。

多額の慰謝料、プライバシーや人権の侵害・・・

たまに配偶者が不倫したから事の最中の映像や音声を撮って双方の弁護士と両親の前で流して返済に何十年もかかるレベルの慰謝料を取ってやった、みたいな話がネットに湧く。

私は正直これを見て引いた。

で、それに対して賞賛のコメントが雨あられのようについているのを見てその清らかな恋愛信奉者の群を前に、心底気分が悪くなった。

 

中には明らかに不倫された側の配偶者への扱いのひどさがトリガーだったと思われるのに、攻撃が不倫した人間に集中するのもなんだかカルト教団の儀式でも見ているようで恐ろしい。

 

子どもがいたりお金を使いこんだり、夫婦の仲が悪くないのにも関わらず相手に対する最低限のケアとかを怠ったら、それはダメだ。

というかそれは、理由が不倫でなくともダメだ。

不倫相手との間に子どもを作るのも、家族関係を別な人間と形成してしまっているという点において良くない。

 

でも、子どもがいなくて、たった一度のことで、おまけに配偶者とはそれまでと変わらない生活をしていた。それなのに上記のとんでもない仕打ちはあまりにも私の理解の範疇を越している。

だってそれ、要するに「僕(私)に悲しい思いをさせた!だから社会的地位も人権もお金も親族との繋がりも全部捨てて償え!」ってことでしょ?

 

自分の見られたくない姿を最も見られたくない人に勝手に撮られて流され(普通に犯罪)、何百万の慰謝料をぶん取る、その理由が「私/僕に悲しい思いをさせた!」なんて・・・自分の悲しい気持ちにそれだけの権利があるという、なんというか・・・自分のことをすごく価値のある人間だと思っているのだなあ、と自分とは全く違う人間を見るような気持ちでいた。

 

まあ、「不倫をされた悲しさ」に個人差があるのはわかる。

気にせずほっとく人もいれば、自殺せんばかりに(本当にしたり)悲しむ人もいる。

 

だからその人が自分の命を失いかねないばかりに悲しいタイプの人なんだったら、もうそれはそれでいいと思う。日本国にはそれができる制度が整っている。

私も浮気ならされたことがあるが、別に私との関係は変わらなかったから気にしなかったし、度を越さなければほっとくタイプなのでよくわからないけれど(もろもろの理由から、私は浮気はしたことがない)。

 

でもね、それを見ていて、やれやれ!もっと酷い仕打ちをしてやれ!まだぬるい!

と叫んでいる人たちは??

第三者なのに、全く関係ない第三者をさらに不幸にしろ、問答不要で悪だ!と騒ぎ立てられるなんて??

ベッキーの騒動だって、しょせん川谷元夫妻とベッキーの3人の間の問題だ。

 

 

不倫の要因にはいろいろあるので全部さわっていたらキリがないので、私が申し上げたいのは

「性欲の多寡・異性に関心を持つ/持たれることに対する欲求は人によって大きく異なる」

「恋愛と性交渉を切り離して考えられる人と、結びつけてしか考えられない人がいる」

ということだ。

性欲の多寡・異性に関心を持つ/持たれることに対する欲求は人によって大きく異なる

私の憶測では、不倫をする気がおきない人(しない人ではない)は、極端に性欲と異性への多方面の関心が薄いのだと思う。

逆に、不倫の常習犯はそれが非常に強いのだろう。

前者が不倫をしないようにするのなんて、全く難しいことじゃない。

でも、後者が不倫を我慢するのは途方もない労力が必要になってくるんじゃないだろうか。

 

一人の女性で満足できる人もいる。性交渉がなくても生きていける人もいる。でも、不特定多数に常に目が向き、性欲の強さを必死で抑えている人もいる。

不倫に対する批判に「他の異性と関係を持つならきっぱり離婚してからにしろ」というものがある。

しかし人間の強い生理的欲求(性欲)を、情動を甘くみてはいけない。そこまで悠長に待てるレベルのものとは限らない。基本的にそれらは、「今すぐ欲しくてどうすることもできない」レベルのものなのだから。

生活に何か不満や満たされないものがあればなおさらだ。基本的に、人間は他の欲求不満を生理的欲求で代償しやすいものだ。

 

不倫が悪だ!と声高に主張する人たちは、きっと前者なんだろう。一人の異性で満足できるか、性欲が薄いか、複数の異性に対する関心がないか、それか本当は不倫したいのを必死で我慢している反動か。

「自分はちょっと気を付けていれば不倫なんて気は起らないのに、お前にそれができないなんて我慢が足りない!モラルに欠ける!」

でも、世の中全ての人があなたたちと同じくらいの労力で他の異性への欲求を我慢できるわけじゃない。

恋愛と性交渉を切り離して考えられる人と、結びつけてしか考えられない人がいる

それから、「恋愛感情を抱いた人としかしたくない」タイプもまず間違いなく不倫を叩く。だって、性交渉をもったということは、イコール恋愛感情をもったということになるから。それはもう結婚による関係の破たんを示す。

性交渉がロマンチックで神聖で、特別なものだと思っているかもしれない。

 

一方、恋愛感情がなくても生理的欲求の解消、娯楽程度の価値観でいれば、パートナー以外と性交渉をもつことへのハードルが低い可能性が高い。

睡眠欲・食欲と同程度の位置付けで性的欲求を捉えているかもしれない。外食みたいなものだ。

 前者からみて後者は理解不能なんだろう。でも、恋愛感情と性交渉は誰にとってもイコールじゃない。

www.taiyaki-oyako.com

この人は多分、両方前者なんだろうな。そう思った。

まとめ

当事者同士の問題は、当事者と法律が解消してくれる。私も当事者間で被害について話し合い、しかるべき罰や処遇を下されるのは人間関係の清算という意味において、必要な処置だと思っている。

でも、だからせめて、まったくの赤の他人は自分と違う人間かもしれない、という視点をもって冷静になってはどうだろうか。

不倫をしやすい人は、「不倫が悪」という現代社会にたまたま不倫しやすいという星のもとに生まれてきてしまった、運の悪い人たち。時代が違えば強者だったかもしれない。

不倫を叩く、不倫しにくい星のもとに生まれ育った人たちは、自らの生育環境・性質と社会の規範がたまたま合致していた幸せな人たちだ。

 

結局あなたたちが攻撃しているのは、自分にはなんの関係もない人たちだ。

*1:未婚で素人の女という説も