読書系フリーターのある日

どうでもいいことを吐き出してく雑記サブブログ。女性アイドルが好き。

「一緒にいて楽しい人が好みのタイプです」 がヤバすぎる

f:id:quelle-on:20160730101651j:plain

最近、彼氏をつくろうと出会いの母数を増やしにかかっているので、「どんな人と付き合いたいの?」という質問をする機会が畢竟増えた。

 

その質問に対する、特に男性に多い答えはこれである。

「一緒にいて楽しい人。」(女性は「優しい人」とかも多い)

 

楽しい人!!!!楽しい人!!!!???楽しいって何????

 

あまりにも、あまりにも漠然としすぎである。そんなふわっふわな付き合いたい人物像できみ、大丈夫なの?そう問いたくなる(実際言うけど)。

 

その楽しいっていうのは、どの楽しさのことを言っているのだろう。

私が思いつく「一緒にいて楽しい」というのは、せいぜい6パターンくらい。

 

1、ひたすらノリの、テンポのよい会話などが楽しめる

2、知的な会話などができ、楽しい

3、しゃべらなくても気まずくない、気を使わない自分でいられる

4、趣味などを共有できる、話が合う

5、一緒にいて自分が(お互い)成長できる感じがある

6、イチャイチャできる、甘えてくれる

 

それでも6パターンもあり、そして実際にはもっともっとあるはずであり、「楽しい」というのが個人個人の感覚なのだから、非常にそれは漠然とした概念なのである。

同様に優しい人っていうのも、それはよく気がつく人のことなのか、愛をもって厳しく叱ったりしてくれる優しさなのか、甘やかしてくれる人ってことなのか、一途な人ってことなのか、一体どれのつもりで言っているんだ。

 

ちなみに、どれを指しているのかで「一緒にいて楽しい」人物像がかなり変わってくる。

1、ノリの良い明るい人

、頭の良い知的な人

、波長の合う穏やかな人

4、趣味に対する方向性と労力やお金のかけ方が同レベルの人

、向上心をもって仕事や勉強をしている人

6、恋人としかできないそういうことに対する価値観が同レベルの人

とかね。相反するものも相反しないものもある。

 

このなかのいくつか、もしくは全部を兼ね備えた人、という漠然とした考えで「一緒にいて楽しい人」と言っている可能性もある。恋愛初期はなんとなく楽しい、でいいかもしれないけれど、長期的に付き合うなら齟齬が生じてくる可能性がないだろうか。

知的な会話を楽しめるから付き合ったけど、イチャイチャしてくれなくてしんどい、みたいな。

 

だから、この中の全部が自分にとって同じくらい大事、なんてことはないはずだ。

必ずこれはなくてはいけない、これはあれば嬉しい、くらいの優先順位くらいは自分の中であるはずであり、必須条件を自分の中で明らかにしていないと選ぶものも選べないし、「こんなはずじゃなかった」が起こりやすくはならないか。

 

いままで付き合った人とあまり長続きしてこなかったある程度の年齢の人がこんなこと言ってると、「もうちょっと自分自身の価値観と幸せについて一度よく考えてみたら?」って言いたくなるよ。