読書系フリーターのある日

どうでもいいことを吐き出してく雑記サブブログ。女性アイドルが好き。

聴覚過敏者にとって赤ちゃんの泣き声は拷問であることを知ってほしい

「赤ちゃんの泣き声を不愉快に思うのは悪か否か」問題について。

 

ベビーカーに蹴りを入れたおじさん、電車の中で舌打ちおじさんなど語り尽されてきたお話ではあります。

ここ最近は喫茶店で赤ちゃん禁止問題とかもありましたっけ。

一月前にこのエントリを読んでから考えていた話なのですけども。

www.iwako-light.com

基本的にこういった議論において赤ちゃんの泣き声を不愉快に思う方が異常者なので、

・「みんな昔はそうだったから、広い心をもつべき」

・「問題なのは親の対応」

・「赤ちゃんの泣き声に苛立つのは何かしら本人に問題があるからだ」

・「たとえ嫌でも表に出すのは大人として失格だ」

といった切り口で語られます。

 

それは、確かに大部分において事実だと思う。子どもが生まれなければ種も国も存続しません。

表に出すのは基本的に多くの人間を不愉快にすることであり、少なくとも大人ならすべきではありません。

f:id:quelle-on:20160816001054j:plain

 

私は、赤ちゃんの泣き声が本当に本当に苦手な側の人間です。体質上の問題で。

でも舌打ちとかはしません。大人だから。止めようがないということをわかっているから。

 

電車などの避けようがない場所では無言で違う車両に移動しますし、カフェなどでは自分が出ていく、という方法をとっています。

 

しかしながら、いつもいつも思うのが、こういった「子どもの泣き声に反応する大人」に対しての批判が、「子どもの泣き声の不快さ」を非常に軽視しているようということ(というか、認知されていないのではないか?)。

 

そう思うのは私が、聴覚過敏症だからかもしれません。

聴覚過敏症とは

簡単に言うと、知覚過敏の聴覚バージョンです。

※参考

聴覚過敏 - Wikipedia

聴覚過敏の原因と、具体的な改善方法は? | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

特定の音が極度に苦手、という症状があります。

個人差がありますが、私の場合はかん高い音です。たとえば、女性の悲鳴・奇声・赤ちゃんの泣き声・子どもがはしゃぎまわるときにたてる甲高い声など。

疲れているときに若者がバカ騒ぎする声とかやたら耳についたりしませんか?そんな感じかもしれません。

赤ちゃんの泣き声は拷問

たとえばですが、想像してみてください。

この世界では、大多数の人間が黒板をキィーッとひっかく音を好ましく感じます。みんなそこここで黒板をひっかいていて、なんなら大音量で黒板をひっかく音を大音量で流すのは全然普通。

不快だ、と訴えると、「そんな風に感じるなんておかしい」「性格に問題があるのでは?」「あなたも聞いているうちに好きになるよ(そして耳元で平気で聞かされ続ける」って。

普通に地獄じゃないですか?

 

私も黒板をひっかく音は不愉快ですが、赤ちゃんの泣き声は誇張でなくその10倍くらい不愉快な、発狂しそうにキツい音です。音も圧倒的に大きいし。

 

そもそも赤ちゃんの泣き声って音の波がありますよね。大きくなるところと、中程度が続くところと。

うまく書けませんが、うわああああぁぁぁぁああああああぁぁぁ、ひっく・・・うわあああぁぁぁぁぁああああぁぁぁぁぁみたいな・・・。

(本当にうまく書けませんでした)

 

私の体感でいうと、太字の音の波が大きいところでは心臓に太い杭を打ち込まれているような感覚です。「」ひとつがハンマーで、ガン・ガン・ガン・ガンと心臓をひと叩き。

 中程度のところは、内臓を内側からぐちゃぐちゃに引き裂かれているみたいです。「ぁ」ひとつで内臓ひと握り→ぐちゃぐちゃに相当します。

 

これが場合によっては止めようのない状態で、延々続くのです。こっちが叫びだしそうなのを必死に抑えています。

ストレスの度合いでいえば、普通に拷問として成立するレベルだと思います。

 

で、しんどいって訴えると「そんな風に感じるのはお前に問題がある」「我慢しろ」「そんな女は嫌だ」って言われるんですね。

まとめ

このエントリで主張したかったのは見えにくい、音の部分のしんどさでした。

誤解のないように書きますが、私が苦手なのは赤ちゃん(子ども)そのものではなく、その騒ぐ声・泣き声です。

 

そもそも「こんなに私は辛いんだから理解しろ」などという気持ちは全くありません。こちらが圧倒的少数派だし、子どもの泣き声が過度に気にならない方が普通だと思うからです。

 

私がこのエントリにおいて主張したいことは、あなたがそこまで気にならない赤ちゃんの泣き声で、拷問レベルの苦痛に黙って耐えている人間がいる可能性を頭の隅に入れておいてほしいということです。

 

問題があるのはこちらです。別になんの措置もとられなくて構わないし、第一見た目から判断のしようもない。

ただし、さも当然みたいな顔で抑えようともしないのはナシね。

電車の中で大きい声でしゃべっちゃいけないのはどうしてか?身体がしんどい人や静かに過ごしたい人もいるから。泣き声をほっとくのは、同様の理由でいけないと思います。

 

特定の誰かのことをいっているわけではありませんから。

ただ、同様で見た目から判断のできない公共の場での心臓ペースメーカー問題みたいに、頭の片隅に入れておいてほしかった。ただそれだけです。

 

専用の耳栓とかもあるって知ってるけどね・・・。

 

聴覚過敏―仕組みと診断そして治療法

聴覚過敏―仕組みと診断そして治療法

  • 作者: デービッド・M.バグリー,ゲルハルトアンダーソン,中川辰雄
  • 出版社/メーカー: 海文堂出版
  • 発売日: 2012/06/20
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る